見学する目的を決めておく

防音性や通気性を確かめる

住み心地の良いマイホームを建築するために、注文住宅を手掛けるハウスメーカーの情報を探しているのなら、まずは住宅の展示場に足を運んでください。展示場では住宅の機能性を自分の目でチェックできて、防音性で優れる住宅を建築しているハウスメーカーなのか確かめてから契約を結べます。隣の部屋で家族に声を出してもらうだけでも壁の防音性をチェックできるので、展示場を見学する時には家族と一緒に足を運ぶのが理想的です。寒さや暑さを感じにくいマイホームを建築したいのなら、モデルハウスの窓や壁に手を当てて断熱性を確かめてください。断熱性で優れている住宅なら窓や壁に手を当てるだけで、熱気や寒気が外部から伝わりにくい事がすぐに分かります。

スタッフの対応力が分かる

住宅の美しさを確かめるためだけに展示場に足を運ぼうと考えている方々は、住宅デザインだけでなく展示場にいるスタッフの対応にも注目してください。外観が美しい住宅を建築できるハウスメーカーだとしても、スタッフの対応力が不十分だと希望通りのマイホームを建築できない可能性もあります。展示場の中には住宅を案内するスタッフがいるので、いくつかの質問をしながら返答の内容を確かめてください。住宅デザインの魅力を伝えてくれるだけでなく、ローンに関する質問まで含めて丁寧に対応するスタッフがいるなら、予算の心配もせずに注文住宅を建築できます。モデルハウスの内部が隅々まで掃除されているか確かめるなど、チェックするポイントを決めてから見学するのが理想的です。

建売住宅は通常、すでに完成している家として売り出されるものです。そのため、出来上がった家を見て購入を検討できるというメリットがあります。